国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

国内一人旅おすすめ・楽しみ方

読了までの目安時間:約 7分
ik_075_R

 

 

国内一人旅、あなたは好きですか?

行ったことがありますか?

国内一人旅のイメージは?


スポンサーリンク



 

私は一人旅というと話し相手はいないし孤独に感じるし、色んな景色や

美味しいものを食べても感想を誰かと共有できないなんて・・・

というイメージです。

 

でも本当は良い所が沢山あることが分かりました。

 

目次

国内一人旅おすすめ・ツアー選びに注意しよう

 

一人旅の形にも色々とあります。

 

ツアーに参加するのか

自分ですべて移動手段や宿を手配するのか

 

ツアーで参加を考えた場合、カップルが多かったり、友人通しの参加が

多いツアーだと一人旅は孤独を感じるそうです。

 

今はお一人様限定ツアーという企画など面白くて安いプランが結構ありますので

利用するといいですね。

 

一人旅ツアーも色んな形があります。

 

通常のパックツアーは最初から最後まで添乗員さんと一緒という形。(ある程度拘束されるが安い)

 

移動手段と宿だけを予約する形。(自由が多い)

 

うまくツアーを利用することで一人旅を安価で楽しめるところがメリットです。

是非、利用してくださいね。

 

 

国内一人旅おすすめ・寂しさ感じるならブログを持ち歩けばいい

 

国内一人旅はどうしても孤独を感じることが多いのですが、現在はそうでも

ないようです。

 

旅先をブログでアップしたり、友人とメールをしたりと、誰かが側にいるような

感じで一人旅することができるから寂しくないとおっしゃる方が多いです。

 

思い出を残すこともできますし、自分でカメラを使って写真をとったり、記事を書いたりすると、記憶にも残りやすいので一人旅は、とてもいいですね!

 

 

国内一人旅おすすめ・人見知りしなければ現地ですぐに仲間と仲良くなれる

 

人見知りしてしまうタイプだとちょっと難しいかもしれないですが・・

思い切って、誰か話かけると一人旅が凄く楽しいものに変わると思います。

 

私は結構、話かけてしまうタイプです(笑)

国内旅行中、すごく楽しく過ごせるし、色んな旅をしてきた体験談を聞く事が

大好きです。

 

「へ~そこってそんなにいいところなんですね!今度、国内旅行の目的の候補に

します」なんてね。

 

一人旅が好きな方には間違いないでしょうから、話盛り上がりますよ。

 

そうでなくても観光地などでは、同じものや景色を見ているので「綺麗ですね~」なんて一言で意気投合できてしまうことも多いです。

 

その方と同じ行動範囲であれば、自分が困ったときには遠慮なく聞くことが

できますので一人旅中、安心感もできていいです。

 

連れ通しよりも一人でいるほうが話しかけやすし、話かけられやすいです。

 

 

国内一人旅おすすめ・孤独をいかに楽しむか、自由を楽しむ!

 

一人旅は孤独を楽しむってね~^^;大人のイメージです。

自分を見つめなおすためとか、リセットしたいからって人もいます。

 

自分の計画通り、自由に変更もできるし、遠慮がいらないのことが

一人旅の醍醐味ですね。

 

自分のペースをみだされたくないという方にはぴったりな旅行の形ですね。

 

自分で何でも解決しないといけないところがちょっと不安に感じることもあるでしょうが、国内なら日本語が通じますし、治安はいいし、親切な方も多いので

それほど一人旅は心配もいらないと思います。

 

まとめ

 

    • 国内一人旅おすすめ・ツアー選びに注意しよう
    • 国内一人旅おすすめ・寂しさ感じるならブログを持ち歩けばいい
    • 国内一人旅おすすめ・人見知りしなければ現地ですぐに仲間と仲良くなれる
    • 国内一人旅おすすめ・孤独をいかに楽しむか、自由を楽しむ!


 

私の友人は一人旅(安い国内旅行)好きな方が多いです。

 

私は一人旅はしようとは思わない派ですが、一人旅を好む友人を誘うのは

悪い気がします。

 

人や時間に拘束されないことが好きなんですよね。

邪魔したら悪いな~って。

 

一人旅、楽しんでくださいね♪

 
☆ランキング参加中です☆
少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



 

一人旅の楽しみ方    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: