国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

スポンサードリンク

ジェットスター航空の特徴とデメリットは?ピーチとどっちがいいの?

読了までの目安時間:約 6分
0-50

私がLCC航空会社で一番最初に知ったのは、ジェットスターだったような気がします。

 

もう大分前になりますが、テレビ番組でハイヒールモモコさんの家族が

オーストラリアを旅する時にジェットスター利用していました♪

 

目次

 

 

ジェットスターの特徴

 

ジェットスター航空はオーストラリアのメルボルンに本社がある国内線・国際線格安航空会社です。

 

安く提供をするために、ジェットスターのエコノミーコースではチケットにサービス料金は組み込まれていません。

希望者のみに、別料金でサービスを受けることができます。

 

ジェットスターの座席はエコノミークラスでも、レザーシートが使われています。

ビジネスクラスであるスタークラスではいずれも、無料で提供されます。

 

運賃に関係なく食べものは、機内持ち込みOKです。

エコノミークラスのアルコールは有料。(飲料水は機内に無料冷水機が提供されています)

 

    • コンフォートバック(持ち帰り可能な毛布・空気枕・アイマスク・耳栓)600円(機内900円)
    • 機内エンターテイメント(ビデオ・オン・デマンドとヘッドセット)900円(機内1200円)

 

ジェットスターのエコノミークラスは一度、予約するとキャンセルができません。(予約直後からキャンセル料100%)

 

 

エコノミークラスには2種類あります。

 

ジェットセーバーライト

機内持込手荷物の10kgのみで、受託手荷物として荷物を預けることができない代わりに、若干安い価格が設定されています。

 

ジェットセーバー

 

ジェットスターでは機内持込手荷物10kgに加え、受託手荷物として20kgまでの荷物を預けることができます。

 

 

ジェットスターのデメリットは?

 

    • ジェットスターには子供料金の設定がないこと
    • JALやANAと早割等の運賃も同様ですが、座席指定が有料なこと
    • シートの間隔が狭いこと
    • 家族連れの利用は多いですが、価格重視のジェットスターなので運賃に大差がなければ大手エアラインのほうがよい

 

 

ジェットスター日本国内線の搭乗券は?

 

2つ方法があります。

 

①出発48時間前から、ウェブ・チェックインしてプリントアウトする

 

②出発日当日に、出発空港の自動チェックイン機で6ケタの予約番号を入力するか旅程表のバーコードをかざすと、発券されます。

 

 

ジェットスターとピーチどっちがおすすめですか?

 

同じ時間帯で同じ料金という条件なら関空発着便の場合はジェットスターのほうがいいです。

理由は関空では、ジェットスターが第1ターミナルでピーチは離れたLCCターミナルで第2ターミナルだからです。

 

シートの間隔は、当たり前に狭いのですが、シートポケットが上にあるジェットスターのほうが広く感じます。

 

ジェットスターはウェブチェックインができます。手荷物預け無しの場合は空孔でチェックイン扶養で直接、保安検査場に行けます。

 

ウェブチェックインの場合は座席指定が無料です。

 

ジェットスターはは便数が少なくて時間が都合のつきにくいので、不便な第2ターミナルや、関空使用料をとられてもピーチのほうがいいという声もあります。

 

今、LCCについて調べていますが、沢山の会社があって相変わらず、競争が激しいですね。

それだけ安く旅行に行きたいという思いの人も多いということでしょうね。

 

上手く使いこなしたいですね!

⇒当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベル

☆ランキング参加中です☆
少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

 

 


ryokoubanner01_450x304  
 
 

 

乗り物(交通手段)安く買う方法 飛行機に乗るときに注意すること    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

Sponsored Link
Copyrights