国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

lcc(格安航空会社)について(国内便)

読了までの目安時間:約 6分
oki_111_R

数年前からlcc(格安航空会社)を利用した旅行が、大変人気ですね♪lccについて調べてみました。

 

これほどまでに飛行機の値段が低料金だと、今まで旅行に行かなかった方が、ちょっと行ってみよう!というので、旅行者も増えているようです。


スポンサーリンク



 

目次

 

 

lcc(格安航空会社)とは?

t_plane_a03

 

 

日本国内のlcc(格安航空会社)はスカイマーク・ジェットスター・バニラエア・ピーチ・エアアジアなどがあります。

 

lcc(格安航空会社)は大手のエアラインとは違って、正規の航空運賃の設定が、かなり格安に設定されているのが大きな特徴です。

 

日本でも、lcc(格安航空会社)は、段々と定着してきました。

 

欧米やアジア各国はもっと前から、lcc(格安航空会社)があって、格安航空会社が激しい競争をしています。

 

 

lcc(格安航空会社)の最大の特徴は航空券の安さ!

 

lccの最大の特徴は、航空券の安さです。

例えば、関空⇒千歳便を買います。

 

ANAは普通席42500円(片道)

Peachでは19320円(片道)と、かなりの料金差があります。

 

lcc(格安航空会社)と格安航空券との違い

 

格安といえば、今までは格安航空券のことを意味していました。

しかしlccの場合、バーゲン価格の航空券や格安チケットとは根本的に違います。

 

正規運賃が格安なのがlcc(格安航空会社)です。

 

バーゲン運賃などの格安航空券は購入すると変更や取り消しが効かない、購入期限が搭乗日の1~2か月前などの条件付きで価格が安く設定されていますが、lccは正規の運賃を最初から低価格に設定している点が大きく違います。

 

lccの航空券の価格は?

 

lccの航空券の価格はだいたい大手エアラインの正規運賃の30%~半額程度に設定されています。

時期やタイミングで低価格で航空券を買うことができます。

 

飛行機の移動が長距離バスや鉄道並みに手軽なのが売りで、他の交通機関との競争が激しくなっています。

 

lccは徹底した低コスト化で航空券が格安に!

 

lccなぜ、こんなに格安なのでしょうか?

 

航空券を低価格に抑えるだけの色んな工夫は戦略があります。

 

通常JALやANAなどのエアラインでは、需要に合わせて色んな機種の飛行機を運行していますが、lccは1~2種類の機種に統一されています。

 

lccは航空機の整備費用やパイロット訓練コストを低く抑えています。

 

lccは搭乗口から航空機まで伸びている通路状の橋を使用せずにタラップ(バスなどで移動して地上から航空機へと直接昇る階段状のものを使用して、空港使用料を安くおさえています。

 

    • 人件費

 

航空機の清掃は別の専門業者が行うのが普通なのですが、lccでは客室乗務員が行います。機内清掃にかかるコストをおさえています。

 

lccはパイロットや客室乗務員の訓練費を新卒採用ではなくて経験者を中途採用することでコストを削減しています。

 

    • 機内サービス

 

機内でサービスされるお茶やお水・ジュースなどが配られる無償提供をlccはやめて、すべて有料のサービスへと切り替えてコスト削減しました。

 

lccは座席と座席の間隔を狭くすることで、多くの座席確保をして運航コストを安くおさえました。

 

    • 航空券の販売コスト


lccは良好代理店や電話窓口ではなく、基本インターネット予約のみで航空券を販売することで販売コストを安くおさえています。

 

様々の工夫をして、lccは安い料金で運航しています。

 

☆ランキング参加中です☆
少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

 


スポンサーリンク



 

乗り物(交通手段)安く買う方法 飛行機に乗るときに注意すること    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: