国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

姫路お城祭りの駐車場はどこが便利?ファミリーにおすすめなのはココだ!

読了までの目安時間:約 13分

姫路お城祭りの駐車場はどこが便利?

ファミリーにおすすめなのはココだ!

 

 

兵庫県姫路市で毎年3日間、行われる姫路お城祭りに

家族と車で行きたいけれど、「混雑が心配」

思っているお父さん。

 

そうなんです、姫路お城祭りは混雑が容易に予想される、

人気のイベントなんです。

 

毎年、日により異なる催しが行われるため、

訪れる人の数に変動はありますが、

「大勢」がつめかける点は共通しています。

 

例えば2017年の場合、姫路城薪能にはおよそ5,000人、

時代パレードにはなんと8万人近い人が集まりました。

 

何千、何万とつめかける人の中で、

車でやってくる方が三分の一ていどであったとしても、

お城周辺の道路は混雑すると簡単に想像がついてしまいます。

 

他の人気のイベントと同じく、渋滞に

みまわれがちな姫路お城祭りですが、

大切なご家族と参加するのであれば!

 

できるかぎり負担をかけたくないですよね。

 

渋滞にはまり、車内に長く閉じこめられて、

パパもご家族もお祭りに参加する前にぐったり・・・・なんて

姿を世のお父さんたちが見ずにすむように。

 

できるだけ渋滞や混雑を避けて駐車できる、

便利でお得な情報をご紹介してまいります。


スポンサーリンク



 

姫路お城祭りの混雑をなるべく避けるために

 

前書き_R

 

「車で行きたいけど、混雑は避けたい!」と思うならば、

まずはイベントの日時を知り、

それからご自身の都合に応じた適切な予定をたてる

必要があります。

 

イベントの日時については姫路市が

発表している情報をご覧ください↓

goo.gl/8LD4t8

 

サイト内には日時から交通規制のお知らせまで、

お祭りに情報が詳しく掲載されています。

 

情報は2017年のものですが、皆さんが実際に訪れる年も、

日時は大きく変わらないと予想されますから参考になります。

 

姫路市の発表では最初のイベント開始時間

以下の通りです。

 

・平日は17時から。

 

・休日は10時台から。

 

平日と休日、それぞれ開始される時間が

大きく異なりますよね。

 

それではどの曜日であれ、できるだけ混雑を

避けるには、どうすれば良いのか。

 

ポイントを平日と休日に分けてお伝えしてまいります。

 

(1)休日→午前中に到着しよう

 

午後のイベントにのみ参加する方も含めて、

休日は朝の9時までに現地に到着されるようおススメします。

 

なぜなら毎年、お祭りの期間中は一部の時間帯ですが、

交通規制がしかれるからです。

2017年の場合、土曜日は10時00分~20時頃まで、

日曜日は10時00分~19時頃までが対象となっています。

 

そうです、どちらも「朝の10時頃」からです。

 

さらに10時台から行われるイベントを見ようと、

大勢の家族連れやカップルが車でやってきます。

 

そのため午後のイベントに参加しようとお昼ご飯後に

ゆっくり現地に向かってみれば、すでに道路は

交通規制が原因で渋滞、駐車場は

もっと早く来ていた人たちの車で満杯、

なんて悲劇が起こりえるんです。

 

朝の9時前であれば高い確率で混雑を避けられるだけでなく、

便利でかつ料金もお安い、いわゆる穴場の駐車場にだって車を

停められるんですよ。

 

(2)平日→お昼までに、お仕事の予定がある場合は帰宅後すぐに現地入りしましょう

 

午後5時からイベントが行われたとしても、

休日の場合と同じく、できるだけ早く到着されるよう

おススメいたします。

 

なぜなら先にお伝えした、来場者5千人の姫路城薪能は

2017年の場合、平日の18時から行われているからです。

 

このイベントのために大勢の人が有給をとるなどし、

早い時間帯につめかけると予想されます。

 

「この日はどうしても仕事を休めそうにないからなぁ」と

思われるお父さんはお仕事が終わり次第、

できる限り早めに家を出るようにしましょう。

 

平日は交通規制されませんが、休日と同じく多くの人が一ヵ所に集まります。

 

当然、イベント時刻が近づくほど道路は渋滞すると

考えられますから、「現地に到着する時間が早いほど、

混雑を避けられる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク






 

姫路お城祭りの駐車場はファミリーで行くなら大手門前が便利

 

姫路お城祭りの混雑をなるべく避けるために_R

 

ここまでお読みになり、ひとまず混雑を避けるためには

「できるだけ早めの現地入りが吉」

お分かりいただけたと同時に、当日、どの駐車場なら

停められる可能性が高いのか?

 

朝早くから営業している穴場の駐車場とはどこなのか?

 

気になり始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここからは便利でお得な駐車場をお伝えしてまいります。

 

ちなみにお祭りの舞台となる姫路城の周辺だけでも、

駐車場はコンビニやファストフード店と同じくらいたくさんあります。

 

姫路城周辺の駐車場情報はコチラ↓

goo.gl/JwKwck

 

ざっと見ただけでも十以上ありますよね。

 

実はこの中に、朝早くに訪れる日も、お仕事の終わりに

現地向かう日にも、まずは立ち寄るようおススメしたい、

便利でお得な「穴場」と言える駐車場があるんです。

 

さてその駐車場とは?

 

それは『大手門駐車場(Otemon Parking)』です。

 

これから順にこちらの駐車場のメリットを

ご説明してまいります。

 

(1)24時間営業

 

まずはコレです。

自動料金精算システム導入済みで、かつ終日営業なので、

渋滞を避けるために朝早く訪れてもOKです。

さらにお祭り後にゆっくりご家族で食事をしたり、

近くを観光したりもできちゃいますよ。

 

(2)車の収容台数が多い

 

次はやはりコレです。

周辺の駐車場の中では一番規模が大きく、

普通車は約560台、バスも約40台停められるほど。

駐車できるスペースが多いため、

車を停められる可能性の高い駐車場と言えるんです。

 

(3)姫路城の間近

 

三番目はなんといってもコレです。

 

大手門駐車場の位置はコチラでご確認ください↓

goo.gl/fLQnN8

 

お城のすぐ南側にありますよね。

つまり車から降りれば目の前に姫路城が建っている、

これ以上ない好立地なんです!

 

お城の大手門までは徒歩数分ですから道に迷ったり、

ご家族を長く歩かせて疲れさせたりもしない嬉しい駐車場です。

 

(4)サービスが充実

終日営業・収容台数が多い・お城の間近と3拍子そろった

大手門駐車場ですが、便利でお得なポイントは

それだけではありません。

 

クレジットカード決済や急速充電器を導入しており、

さらに場内トイレ、自動販売機コーナーなどのサービスも

利用できます。

 

近くにはカフェやコンビニまでありますから、

朝ご飯も昼食も確保しやすいですよ。

 

(5)駐車料金が安い

 

メリットいっぱいの駐車場にもかかわらず、

普通車は最初の3時間が600円、3時間以上・1日以内でも900円と

お手ごろな料金に設定されています。

 

大手門駐車場の近所にある大手前公園地下駐車場は

最初の30分以内200円・30分超1時間以内400円・以後30分ごと150円です。

 

朝に車を停めて、家族と夜まで

ゆっくり過ごそうものなら1,000円以上かかります。

 

そんな便利でお得な大手門駐車場の詳細はコチラ↓

http://himeji-machishin.jp/parking/5otemon

 

まとめ

 

まとめ_R

 

いかがでしたか。

 

小雨の日であれ人でにぎわうお祭りですから、

お目当てのイベントに参加する前に大切なご家族がぐったり・・・・

 

なんて悲劇をさけるために、ここまでお城祭りに

できるだけスムーズに参加する方法をお伝えしてまいりました。

 

「当日は早めに現地に到着し、駐車場はお城近くの大手門が便利」と

記憶されたなら、引き続き駐車場を離れた後の計画を

立ててみてくださいね。

 

春のお花見や夏の花火大会同様、人が大勢集まるお城祭りは

事前に計画を立てておくかいなかで、

お祭り参加時の疲れ具合、満足度が大きく変わってきます。

 

一見すると地味な作業かもしれませんが、

実は重要な事柄、というわけです。

 

ジブリのとある映画にも描かれたように、

第二次大戦中は激しい戦火に見舞われた兵庫県の中にありながら、

奇跡的に無事だった姫路城を市民の心のよりどころと

するために行われ始めた、このお祭り。

 

1948年から今日まで続いてきた長い伝統があるだけでなく、

姫路市の歴史や市民のたくましさ、底力にもふれられる、

貴重な機会でもあります。

 

混雑や渋滞など事前にさけられるものを、どんどん避けるために、

「今の間に計画をしっかり立てて、

当日はお祭りの背景に思いをはせつつも、

ご家族様と元気いっぱい楽しむ」なんてプランをご提案し、

終わりとさせていただきます。

 

 


スポンサーリンク


 

タグ :  

兵庫旅行

この記事に関連する記事一覧