国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

スポンサードリンク

北海道旅行の移動方法

読了までの目安時間:約 7分
fuyu_003_R

国内旅行 北海道は何度行っても魅力的で人気がありますね!

 

私は4回程行きました。

北海道は1記事ではとても書きつくせないです。

なので何十記事となると思います^^;

私が初めて国内旅行 北海道旅行に行ったのは21歳のときでした。

そのときがはじめて飛行機移動でした。

 

国内旅行 北海道はでっかいど~(移動距離が長い)なので、数回に分けて行くといいですね。

 

まだ道北(利尻や稚内)に行ったことがないのでいつか行きたいです。

 

目次

国内旅行 北海道までの移動方法を選択する!

 

私も北海道に行くまでと着いてからで、色んな移動方法をした経験があります。

安い国内旅行から費用がかかる旅行まで北海道では経験しました。

 

    • トワイライトエクスプレス(行くとき)帰りは飛行機 現地(1週間タクシー貸切) 道南
    • 往復飛行機(バック旅行) 現地(バス移動) 道東
    • 往復飛行機 現地(レンタカー) 道南・道央
    • 往復飛行機(パックツアー) 現地(バス移動) 道央

 

北海道旅行は本当に広いので目的に応じて何を使って現地では何で移動するのかを考えてくださいね。

 

 

この他には電車移動の選択もできますね。数時間に1本しかなかったりと

便利さはかけるかもしれないですが時間がたっぷりとある方はいいですね!

 

そうだなぁ・・4回ともそれぞれ良かったのですが、

やっぱり1位は現地で1週間タクシー貨仕切り移動がよかったです。

 

トワイライトエクスプレスは一生に一度乗ればそれでいいかな~って思いました。

 

関西からだと飛行機で2時間弱で行けてしまうのでトワイライトエクスプレスは21時間かかるので、好みによると思います。

 

私が5回目の北海道に行くとしたら移動は往復飛行機を選びます^^;

 

国内旅行 北海道は広いぞ~でっかいど~

 

北海道は本当に広いです。札幌から小樽までちょっと移動するにも、2時間はかかります。

国内旅行・北海道パック旅行でバス移動の場合だと、半分以上バスの中っていうことも多いので

パンフレットなどでは無理なスケジュールではないか?と注意することが必要です。

 

国内旅行 北海道ツアーパック旅行(安い)で行った際にバスに乗ったときに驚いたことがあります。

バスの車内の前方には北海道の地図(白い紙に北海道の形が書いてある)ものに、

今日行く移動ルートがマジックで印がつけられています。

 

他のバスを見ても違う移動ルートに行く場合はそこにマジックで印がつけられています。

 

北海道って広いんだな~って改めて思いました。

 

 

国内旅行 北海道のバスガイドはスゴイ!

 

私、北海道に行った際の移動で観光バスに乗ったのが2回です。

その2回ともにバスガイドさんが素晴らしかったです!

 

北海道は広いして観光地も多いし歴史もあるから案内する移動も多く、場所は

沢山あるからだと思うのですが、バスガイドさんの知識が半端なく凄かったです。

 

私が印象に残っているのは十勝平野辺りを移動中に、ガイドを聞いているときです。

「実話ですが昔、この山で遭難した大学生がいました・・」という感じではじまってから

1時間、ず~~~~と何も見ないで目を閉じたままで移動中、逸話をしてくれました。

 

小説1冊位、暗記してるんですよ~スゴイ。。

 

感動して泣ける話だったので、移動中の風景を強く思い出に残っています。

 

北海道はベテランガイドさんが多いですよ。一回退職して子育てもひと段落して多忙なときだけ

復帰している方が多いようです。

 

修学旅行には声がかからないと冗談を言ってました(笑)

新人ガイドさんの役目らしいです。

 

まとめ

 

    • 国内旅行 北海道には色んな行き方があって現地での移動手段も選べます。
    • 国内旅行 北海道は凄く広いので無理のないスケジュールプランが必要です。
    • 国内旅行 北海道のバスガイドさんはスゴイので一度は経験してほしいです。


☆ランキング参加中です☆
少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 


ryokoubanner01_450x304  
 
 

 

北海道旅行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

Sponsored Link
Copyrights