国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

成田ビューホテル・口コミ(ホテル日記)成田空港利用に便利

読了までの目安時間:約 7分
so_157_R

海外に行くときの成田空港利用のため、前泊するために

成田ビューホテルに宿泊しました。

 

成田ビューホテルは成田空港から近くて、凄く満足できたので成田空港を使う際にはまた利用しようと思っている成田ビューホテルです♪


スポンサーリンク



 

 

目次

 

 

成田ビューホテルは安くて朝食バイキングが美味しい

 

成田ビューホテルの宿泊料金は

3300円~17300円

 

駐車場無料(宿泊日含め前後15日間)デイユースの場合は6時間無料

ネット接続無料

 

私は海外(フィジー)に行く際に成田ビューホテルに宿泊しました。

兵庫(自宅)から電車→伊丹空港までリムジンバス→羽田空港→成田空港までリムジンバス→成田ビューホテル到着しました。

 

もう~~~いつも行く目的地までは成田空港からしか直行便が飛んでないということが多くて、自宅から成田空港行くまでにも一日がかりなのです。

日頃、国内旅行安いので行く私はこうしたところも削っていきます。

 

 

時間的に余裕がある場合は前泊や後泊しないで、始発を使って移動してしまうのですが時間に余裕がないときには空港近くの国内旅行でもよく使うような安いホテルに宿泊します。

 

8時間程の移動時間でオーストラリアに着くよ~なんて冗談でよく言います。

ほんとこの間の移動は特に疲れます。

なので今回は成田空港近くの成田ビューホテルを利用することにしました。

 

朝早い便だったり、遅い便だったりすると安心できますしね。

成田空港利用のためだけに宿泊するホテルなんで安いところを探しました。

 

国内旅行で安い宿泊代の中に朝食付きで駐車場が15日間、無料というのはお得ですね。

私が車移動できるなら絶対に利用したいです。

 

成田ビューホテルは安くて朝食バイキングがおいしかったです。

 

バイキングは和洋ミックス(朝)、和洋中ミックス(夕)それぞれ40品目が

用意されています。

 

私、成田ビューホテルの宿泊料金からして正直あまり期待していなかったのですが、朝がゆっくりだったので食事のときは優雅な気持ちで

過ごすことができました。

 

2012年からは温泉に入れるようになりました。

私が成田ビューホテルに宿泊したときにはまだ温泉がなかったので残念です。

口コミは大好評ですよ。

 

お部屋はダブルルームでしたが広くも狭くもなくて、快適でした。

私は思うのですが、希望の条件が揃っているホテルってまずないと思います。

だけど接客一つで、満足できることってありますよね!

 

成田ビューホテルの接客に大満足

成田空港からは成田ビューホテルまでは無料シャトルバスで所要15分かかります。

ホテルにチェックインする際には次の日のフライト時間を確認して、何時のシャトルバスに乗ればいいのか紙に時間を書いたものを渡してくれます。

 

成田空港近郊のホテルならこうしたサービスは当たり前なのかもしれませんが

とても親切で安心できました。

 

成田ビューホテルのスタッフの方は気持ちのいい接客でした。

 

 

成田ビューホテルで天然温泉が入れます♪

 

2012年から温泉に入れるようになりました。

成田ビューホテルの宿泊プランに温泉付を選ぶと入れます。

そうでない宿泊プランでは(追加1000円)で入れます♪

長い海外旅行に行く前にはたまりませんね~

 

最上階にあるバーも空港の夜景を眺めながらのひとときも

成田ビューホテルでは楽しめます♪

飛行機好きならたまらないでしょうね。

 

時間が沢山ある場合には成田ビューホテルの近くに色んなスポットがあります♪

    • 大型イオンや観光
    • 成田表参道
    • 成田山新勝寺
    • 成田山公園

 

まとめ

 

    • 成田ビューホテルは安くて朝食バイキングが美味しい!
    • 成田ビューホテルの接客に大満足
    • 成田ビューホテルで天然温泉が入れます♪

 

アクセスは

成田空港まで早朝4:40より無料シャトルバス運行/ホテル、成田空港・JR成田駅間(所要約15分)/成田IC車で3分

 

ブログランキング参加中です♪
応援クリックありがとうございました。
沢山の旅行記が見れます!
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


スポンサーリンク



 

国内ホテル・旅館おすすめ比較    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: