国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

旅先での紫外線対策は万全に準備しよう!

読了までの目安時間:約 4分
sun010

旅先での紫外線対策は万全に準備しよう!国内旅行でも海外旅行でも、一年中、紫外線には気を使っている私ですが・・大きな失敗をしてしまいました。エーゲ海クルーズで、顔の皮がむけてしまって・・大失敗!!最悪な結果に・・

 


スポンサーリンク



 

紫外線の基礎知識

 

紫外線とは地球上に降り注ぐ、太陽光線(電磁波)のことです。

目に見える光と目に見えない赤外線、紫外線とがあります。

波長の長さによってA・B・Cと大きく別れます。

 

言葉が難しくなりますが、下の3つの種類があります。

    • UVA(紫外線A波)・・・肌にダメージをあたえる(特に光老化の大きな要因となる)
    • UVB(紫外線B波)・・・肌にダメージをあたえる
    • UVC(紫外線C波)・・・オゾン層に吸収されて地上に届かないので直接肌に影響はない


いつまでも、きれいな肌でいたいですね。

肌に影響する紫外線について正しい知識を持ちましょう。

 

シミ・シワだけではない紫外線の影響

 

この紫外線ABに関しては、お肌の内側でさまざまに違った影響を及ぼします。

 

    • UVA(紫外線A波)・・・お肌の色を黒くするサンタン(日焼け)を招きます。
    • UVB(紫外線B波)・・・サンバーン(赤い水ぶくれのような状態を引き起こします。

 

お肌のタイプにもよって紫外線を浴びた後の症状には個人差がありますが、サンタンもサンバーンも、お肌の白さを鈍らせる原因です。

 

紫外線がお肌の奥に与える目に見えない影響があります。

肌の内部でおこる老化現象に気をつけたいです。

 

紫外線を浴びすぎると、ただの日焼けをするわけではないのです。

 

 

肌のしみ:紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞が反応してメラニン色素が作られます。これがしみです。

しわ:紫外線が真皮に達すると肌を守り肌の水分を維持するコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。肌は弾力を失いしわができます。

肌荒れ:紫外線は肌から水分を蒸発させて乾燥させます。その結果、肌のバリア機能が弱まり、肌荒れやかぶれを起こしやすくなります。また角質が厚くなります。

ニキビ:紫外線を浴びた皮脂(肌の油分)は酸化(老化の原因、活性酸素が発生)し、これが毛穴を塞ぐと、にきびの一歩手前、コメドができやすくなります。

 

紫外線から肌を守るには(対策)

 

私は昔から親の遺伝のおかげもあると思うのですが、肌が綺麗とよく言われることがあったので、肌トラブルは縁遠いものでした。

 

ですが40代を過ぎると、やはりシミやシワが気になっています。

 


紫外線は完全に防ぐことはできませんので、紫外線を受けたあとのケアも必要です。
⇒紫外線対策

 


スポンサーリンク



 

タグ : 

国内旅行に行く前に準備しておきたいもの 旅先での美容関連    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: