国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

スポンサードリンク

国内旅行の荷物を宅配して楽する!その際に注意したいこと

読了までの目安時間:約 6分
0-100

 

国内旅行の荷物を家から空港までとか、駅までとか持ち運ぶのは

大変ですよね。

 

そういうときには旅行の荷物を宿泊先まで運送会社(宅配)を使って送っておくという手があります。

 

国内旅行で安いプランを選んで行く私は荷物の宅配代も節約したいところですが、楽から言えば払う価値はあると思います。

 

目次

 

 

旅行の荷物は何にいれて送ればいい?

旅行に出かける前に、荷物を宅配で送ってしまえば身体が楽ですよね。

 

旅行荷物を送るときは、スーツケース(もしくは旅行カバン)で送るといいです。

 

コンビニから(クロネコで)荷物を宅配するんですが、そのときにスーツケース用の梱包用ビニール袋が必要になりますので200~300円です。

 

段ボールで送る。

段ボールが用意できるのなら段ボールでもいいです。

ただし、ホテルでは宅配で届いた荷物を自分で運ばないといけない場合、少し持ち運びがしにくいかもしれませんね。

 

破損が心配の場合は段ボールがいいかもしれません。

 

鍵について

荷物を宅配する際には鍵はかけておいたほうが安心できます。

袋の場合は、テーブを貼っておくといいです。

 

旅行の荷物を送る時、宅配とゆうパック、どちらがお得?

荷物の宅配料金が気になるところですね!

 

荷物の重さと大きさと距離でどちらが安いかが決まります。

 

ゆうパックが断然安いです。
集荷もしてくれます。
カバーは大きな郵便局で売っています。届けてくれる局もあります。

帰りも荷物を宅配する予定のときは着払い伝票を用意しておくと便利です。

 

国内線ではJAL(日本航空)では、50㎝×60㎝×120㎝以内であればひとり様あたり個数関係なく

1000円(消費税・カバー代込)でご自宅に荷物を送ることができます。

 

宿泊ホテルへの連絡を忘れずに!

旅行の荷物を宅配した際、預かってくれるかどうかを確認しておいてくださいね。

だいたいは預かってくれると思うのですが、数日前だと預かってくれない場合も。

 

私は何日か前に荷物を宅配するほうが気持ちは安心できます。

もしかしたら、指定日に宅配した荷物が届かない場合もありますからね。

 

旅行の荷物を減らす方法

荷物を宅配しないですむように荷物を減らす方法です。

 

旅行の荷物を減らすにはまず衣類から

これは現地で着そうだな・・とかで鞄に詰めていくと荷物が多くなってしまいす。

荷物を宅配するしかなくなるかもです(笑)

 

例えば、上着1枚+パンツ1本+ワンピース2枚+下着+パジャマ
を持って行って着まわすことです。

ストールやアクセサリーで変化をつける。

 

化粧品やシャンプー類は小さい入れ物に詰め替える。

私は、試供品をとっておいたものを持っていくことが多いです。

なければ、100均で買った小さな入れ物に詰め替えて持って行きます。

 

旅行の荷物の中で絶対に減らしてはいけないものは常備薬です!

 

常備薬は荷物で宅配はしないでくださいね。

 

私は常備薬だけはしっかりと持っていきます。もし飛行機に乗るなら手荷物に入れておきます。

国内なので現地で安心して買うこともできますが、すぐに手に入らないことを考えて、持っておくと安心だからです。

 

私が心がけていることは、たとえ何グラムの小さなものでも減らすようにしています。

何かを入れている外袋とかなくても大丈夫そうなら入れないなど・・細かいけど、これだけでも違ってくることがあるからです。

 

荷物を宅配しないですむように上手に工夫してみてくださいね。

 

まとめ

 

旅行の荷物を宅配するほとんどの場合、ゆうパックが安くてお得です。

 

国内旅行の荷物はできるだけコンパクトにまとめると結果、安さに結びつきますし、動きやすいです。

 

衣類は着まわしで、減らしましょう。

 

荷物の宅配をしないようにするには、足りないものは現地で買うこともできますので、それを楽しむというのもいいですね!

 
☆ランキング参加中です☆
沢山の旅行記が見れます♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


ryokoubanner01_450x304  
 
 

 

国内旅行に行く前に準備しておきたいもの 旅行計画編    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

Sponsored Link
Copyrights