国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

スポンサードリンク

旅館・民宿・ペンションの違いは?(国内旅行の宿泊先選びかた)

読了までの目安時間:約 5分
on_033_R

国内旅行で安い宿泊先を決めるとき、あなたは
ホテルチェーンを選びますか?

それとも、その土地の旅館や民宿・ペンションを選びますか?

 

目次

 

 

 

旅館と民宿とペンションの違いは?

国内旅行安いのが希望の場合は、旅館・民宿・ペンションを

選ぶことが多いですね。

 

旅館と民宿とペンションの違いは、この3つの線引きは曖昧なものです。

 

旅館は「旅館営業」の許可を取らなくてはなりません。

細かい規定は省いて大雑把な説明となりますが、旅館営業許可を受けるためには

宿泊できる部屋が5室以上なければなりません。

 

民宿とペンションは、「簡易宿所営業」許可を受ければ営業できます。

延床面積33㎡あれば許可を受けることができます。

 

民宿とペンションの違いは、基本的に部屋が和室か洋室かの違いだけだと思います。

和室でもペンションを名乗ることができます。

洋室でも民宿を名乗ることはできます。

 

民宿とペンションにはっきりした違いがあるわけではないようです。

 

一般常識として、和室→民宿、洋室→ペンションが定着しているということです。

 

旅館と民宿とペンションの違いのまとめ。

 

旅館→部屋が5室以上で「旅館営業」の許可を受けている。
民宿→延床面積33㎡以上で和室
ペンション→延床面積33㎡以上で洋室

 

ホテルチェーンの特徴・その土地の民宿や旅館・ペンションの特徴

 

ホテルチェーンの特徴としては綺麗でサービスも良い!

マニュアル通りの接客。

無難な旅をしたいときには旅館・民宿・ペンションよりもホテルチェーンを選ぶといいですね。

収容力が大きいです。

ホテルチェーンは、団体客やら宴会やら・・・、騒がしいことも多く、

なんだか落ち着かないところ点が欠点になるかもしれません。

 

ホテルチェーンは色々と設備が整っていて過ごしやすいところが魅力です。

 

その土地の民宿・旅館・ペンションの特徴

 

その土地の民宿・旅館・ペンションは接客用語もホテルチェーンのような語敬ではなく、方言であったり、個性ある話ができるので、のんびりくつろげるところが魅力です。

 

 

その民宿やペンション・旅館にはサービスでも融通をきいてくれるところが

あるとこが魅力です。

 

私の経験では収容人員100人前後の旅館は基本的に一部屋10畳定員5名なのですが実際は1部屋2~3人の泊りが多いので満館でも40~50人になるためくサービスが期待できるのでオススメです。

 

小さい旅館や民宿・ペンションなどの出される料理ですが、材料がスーパーで買ってきたものが多いです。

 

旅館・民宿・ペンションは信頼感が問われるかもしれません。

しっかりと調べてから泊まるようにしてくださいね。

 

まとめ

 

旅館と民宿とペンションの違いは?曖昧な線引きのようです。

ホテルチェーンの特徴・その土地の民宿・旅館・ペンションの特徴それぞれ違います。

 

国内旅行安いプランでその土地土地を楽しみたいですね。

私は山中や景色がいいところでは近代的なビルのホテルよりは小さな旅館・民宿・ペンションで露天風呂などがいいです♪

 

 

☆ブログランキング参加中です☆
沢山の方の旅行記が見れます!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


ryokoubanner01_450x304  
 
 

 

国内旅行宿泊先はこう決める!    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

Sponsored Link
Copyrights