国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

天神祭り2018!日程はいつ?浴衣で行きたい!!

読了までの目安時間:約 9分

天神祭り2018!日程はいつ?浴衣で行きたい!!

 

大阪の夏といえば天神祭

1000年以上の歴史を誇る、日本三大祭りの一つ。

 

毎年、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を

中心に賑やかに行われます。

 

大阪天神祭としての日程は、

6月下旬から始まり7月25日まで行われます。

 

特に最後2日間の、

宵宮  7月24日

本宮 翌7月25日は大々的に行われています。

 

7月7日の星愛七夕祭り

 

7月23日のギャル神輿、天神祭北新地巡行なども

盛り上がります

 

お祭りを楽しむ為には服装も大切です。

浴衣をきてお出掛けしてみませんか?

 

浴衣をきていく際の準備の仕方や、注意することを

ご紹介してまいります。


スポンサーリンク



 

 

普段とは雰囲気を変えて浴衣で

出かけてみることもおすすめです。

 

24日は花火もないので、浴衣は浮いてしまうかと

思われるかもしれませんが、浴衣で

天神祭を楽しむ方はたくさんいます。

 

24日のほうが花火もないので混み具合も

それほどでもなく、屋台もゆっくり回れます。

 

巾着を持ちたいところですが、わざわざ買わなくても

夏用の籠バックなどでもちょっと『和』ぽいものなら、

普段使いのものでOKです。

 

中にはハンカチやハンドタオル、

ティッシュかウェットティッシュもあると汗をおさえたり、

食べ物で汚れたりしたときに便利です。

 

履きなれない下駄を履くことを考えると

絆創膏も2~3枚入れておくと摺れたところをカバーできます。

 

暑いので扇子を入れておくのもいいですね。

 

最近は浴衣、帯、下駄がセットでお手ごろな価格で

購入できますし、着崩れが心配なら美容室などで

着付け&ヘアセットや、着付け&ヘアメイク込み

レンタルもありますからありがたいですね。

 

いつもと違う気分で、この夏は浴衣で出掛けてみましょう。

 

 

☆ 天神祭りが熱い!大阪の夜店も見どころ!!
shish-kebab-2709499_640_R

 

天神祭りは日本の三大祭の1つで、

大阪の夏の三大祭の1つです。

 

天神橋筋商店街を歩くだけでも美味しい物を

食べ歩くには十分ですが、大川の川沿い、

大阪天満宮境内でも数多い夜店が並びます。

 

食べ歩きファンにも最高の祭りです。

 

屋台は午前11時頃から夜11時頃までの営業

ほとんどですが、朝9時位から開けている屋台もあります。

 

花火の打ち上げがある25日は、とくに混雑するので、

事前に場所をチェックしておいたほうがいいでしょう。

 

迫力ある打上げ花火が見られる

大川沿い(桜之宮公園の北側)の屋台は25日には大混雑します。

 

花火も屋台も同時に楽しみたい欲張りさんには

おすすめですが、小さいお子さんには十分に

注意することが必要です。

 

屋台のついでに花火も楽しみたいなら、

桜之宮公園の南側から花火の時間になったら

藤田邸跡公園前に移動することもできます。

 

南天満公園の屋台から、川崎橋周辺に行くのも

花火を楽しめます。

 

天神橋筋商店街の屋台を楽しんでから

源八橋の西側公園へ移動するのもおすすめです。

 

花火も屋台も同時に楽しめる場所のひとつで、

源八橋の西側は人が少ない割に屋台が立ち並ぶので

対岸の打上げ花火がきれいに見えます。

 

タオルやおしぼりを忘れずに持っていきましょう。

 

暑いので汗もかきますし、食べ物で手や服が

汚れたときにサッと拭けます。

 

うちわもお薦めです。

 

 

☆ 必見!天神祭ギャルみこし2018!!

 

まとめ_R

 

※http://galmikoshi.com/

 

ギャルみこしとは、女性のみでお神輿を担いで巡行します。

 

天神祭の目玉の1つです。

 

白地に赤のお揃いの法被を身にまとった女性たちが、

神輿を担いて街を練り歩きます。

 

天神祭ギャルみこし
※天神祭情報サイトから

 

1981年、天神橋筋商店街、四番街、天四北商店街、

天五商店街、天六商店街の四町会が協力し、

大阪天満宮「御羽車講」巡行のひとつとして

ギャルみこしを作り上げました。

 

正式名称は『天神祭女性御神輿』です。

 

有名になるに連れ、『ギャルみこし』

呼ばれるようになり、いつのまにかしっかり

定着してしまいました。

 

ちなみにこのギャル神輿を担ぐためには、

書類選考から面接、と厳しいオーディションを

くぐり抜けなければいけないそうです。

 

女性たちの元気な威勢のよい掛け声が街中に響き渡り、

祭り気分がさらに盛り上がります。

※http://galmikoshi.com/

 

そして、彼女たちが身にまとう粋なデザインの法被は、

日本デザイナー倶楽部関西支部から提供されたものだそうです。

 

ほかにも、天神橋筋商店街の各町会の皆様方と

一緒に神輿を担ぎます。

 

男神輿の中に交じり、ギャルみこしとは

また違う魅力で、お祭りを盛り上げて頂きます。

 

スポンサーリンク
 





 

☆ ≪天神祭奉納花火≫

 

fireworks-2248223_640_R

 

大阪の夏の風物詩、天神祭。

 

クライマックスは『船渡御(ふなとぎょ)』

大川を行き交う約100隻の舟のかがり火と、

夜空を彩る約5000発の「天神祭奉納花火」が

打ち上げられます。

 

奉納花火
※天神祭情報サイトから

 

天神様にちなんだ、オリジナル花火

「紅梅(梅鉢の形に開く)」をはじめ、

協賛する企業名を入れた「文字仕掛け花火」など、

文字や趣向を凝らした仕掛け花火が夜空を彩り

、大船団のかがり火とのコラボレーションは、

まさに幻想的な光景です。

 

要予約、有料にはなりますが、『金幣船』

いうチャーター船で大川から船渡御の船に混ざり、

船渡御に参加しているような感覚で、

食事をしながら花火も最高のポイントで見ることができます。

 

去年は行けなかった方、この夏はどうしようか迷っている方、

ぜひ一度は大阪の夏の熱気を感じてみてはいかがでしょう。

 

暑いですから、汗を拭くタオルやおしぼり、

うちわなどを持っていくと以外に役にたちます。

 

熱中症や迷子などにも十分に気をつけて

おもいきり楽しんで下さいね^^


スポンサーリンク


 

タグ :  

大阪旅行

この記事に関連する記事一覧