国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

個人旅行手配と旅行会社とではどちらが得か?

読了までの目安時間:約 7分
wa_021_R

 

誰もが旅行を決めるときは、旅行会社や航空券など、

少しでも国内旅行を質の高い安い旅行内容を決めますよね。

お金に余裕のある方は違いますけどね(笑)


スポンサーリンク



 

それであ~でもない、こ~でもないと、個人旅行手配と旅行会社の違いを検討していくのです。

 

目次

 

 

旅行会社と個人旅行手配の安い高いはさまざまです。

 

国内旅行会社のパック旅行だと団体で抑えるので安いことが多いですが、

ホテルや旅館などのホームページから独自のプランがあれば、

個人旅行手配のほうが安かったり、

じゃらんや、楽天トラベルなどのインターネットから直接、申し込みをするほうが安かったりします。

航空会社直接のプランがあればそこが安かったりします。

 

 

個人旅行手配のほうが高くついてしまうことがあるので

注意してくださいね。

 

同じ日にネットではこの日が14000円なのにパック旅行だと12000円になっていたりすることもよくあることです。

 

旅行会社と個人旅行手配ではそのときそのときでどちらが得かは違ってきます。

 

その時々で、旅行会社と個人旅行手配を調べて見比べる必要があります。

 

車旅行の個人フリープラン・レンタカー移動計画を立てるときのコツ

 

旅行会社と個人旅行手配のどちらも一度、自分でプランをたててみる

 

旅行の日程が決まったら、面倒でも個人旅行手配ではいくら、旅行会社ではいくら、と

自分で個人旅行手配と旅行会社プランどちらも、たててみてくださいね。

 

特典なども見比べるといいですよ。

 

旅行会社のパンフレットが一番多いかもしれません。

夕食時にワンドリンクサービスとか、粗品プレゼントとかです。

こういうのワクワクしますね♪

 

方法としてはネットで検討している宿やホテルの写真掲載されているのを見て、口コミを見て絞っていきます。

 

個人旅行ブログも参考になりますよ。意外と楽天やじゃらんなどには

載っていない写真も多くて、素の感想が書いてあるので

個人旅行手配する際にも役に立ちます。

 

それから店頭パンフレットや、旅行会社ホームページを見て、安いところを徹底的に調べます。

お目当ての旅行のパンフレットはいつ頃でるの?

 

安くても料理が乏しかったり、何か満足できない要素があるかもしれないのでそのあたりも個人旅行手配や旅行会社の場合も、要チェックです。

 

写真もうまくとれてますからね~~
 

Sponsored Link

 
私も今は旅行会社サイトや、個人旅行記などの口コミが強い味方です。
trivago「トリバゴ」ホテル・旅館の料金を一度に優秀比較できるサイト

一般的には繁忙期(お盆や年末年始・GW)以外はツアーの方が安い

 

オフシーズンの国内旅行は個人旅行手配と旅行会社ともに

驚くほど安いときがあります。

例えば沖縄だと1月2月は格安です。

 

家族旅行で人数が多いときなどは、オフシーズンを狙うといいですね。

 

注意しなければいけないことがあります。

 

旅行会社の安いツアーだと、

 

    • 直前にならないと飛行機の時間が分からない
    • 座席指定ができないなどが
    • 子供料金の設定がない
    • 行きと帰りの利用空港が違ってた・・(伊丹空港出発で関空着、結局、移動でお金がかかった)


などが考えられます。

 

個人旅行手配では悪天候など飛行機が飛ばないなどのアクシデントが

あった場合は全部自分でしなければいけません。

その点もよく考えてみてくださいね。

 

シーズンによっても個人旅行手配と旅行会社の違いが

あります。

 

旅行会社トラブルにあったら?相談はJATAにしてみる!

まとめ

 

旅行会社と個人旅行手配の安い高いはさまざまです。

一度、個人旅行手配と旅行会社のプランを自分でたててみる

一般的には繁忙期(お盆や年末年始・GW)以外はツアーの方が安い

 

調べて検討して比較するということを面倒だと思ってやらないのと、

徹底的に比較検討してみるとでは

個人旅行手配と旅行会社どちらにしても当然、手間がかかった分、

自分の思っているような国内旅行が実現するでしょう。

 

国内旅行を安いお得なプランで楽しんでいる姿を思い浮かべて計画を

たてたいですね♪

 


スポンサーリンク



 

旅行で必ず入れておく知識    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: