国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

旅行写真整理の仕方♪

読了までの目安時間:約 7分
oki_089_R

 

国内旅行に行ったときにカメラで沢山、写真とりますよね~

私も大好きです。

海に行ったら海の中でもカメラで写真をとりまくります。


スポンサーリンク



すると旅行から帰ってきたら600枚とか800枚とかと凄い数に。。

旅行写真整理にもコツがあります。

 

 

目次

 

 

旅行写真整理はデーターで保存しよう

 

旅行写真は整理しないとたまりますね。思い出も一杯だから残したいって気持ちは、

ほんとよ~く分かります。

私もそうですから。

 

でも旅行写真整理をアルバムに貼って残すと、かなりかさ張りますよね。

 

私は国内旅行に行ったときに、デジカメでとったものは、全データーをパソコンで旅行写真整理しています。

場所はとらないからいいのですが、見る回数が減っています。

国内旅行写真整理にはアルバムタイプが一番!って私は思います。

 

旅行写真を整理してアルバムにしてもかさ張るんです(笑)

 

CD-Rに残したり、DVD-Rにデーターとして残すと見る回数が増えると思います。

普通にDVD見るのと同じように見れます♪

 

CD-Rとは

データを一度だけ書き込みできるCDです。一度書き込むと消去できません。

 

DVD-Rとは

データの記録が可能なDVDです。

 

旅行写真整理、上手にしたいですね!

旅行写真整理にはオートアルバムがおススメ!

 

日数の多い国内旅行で安いので行ったときに、私は旅行写真整理にオートアルバムを利用しています。

絵本のような表紙に、自分で選んだ旅行写真整理をするために

40枚~120枚とか・・写真の好みのサイズを

選択するとわずか1センチ位のオリジナルアルバムが出来上がります。

 

注文してから3日もすれば届くのでスピーディーだし、出来上がりはとても

綺麗だし、アルバムの大きさを揃えておけば、棚に綺麗にそろえて並べることができます。

絵本を並べている感じで旅行写真整理ができます。

 

しかも料金が意外とリーズナブルです!!

私は80枚を絵本仕立てにして2000~4000円(送料込)でした。

 

国内旅行安いので行ったときには最後まで安く済ませたいですよね。

 

今はこうした写真屋さんもインターネットで探すと沢山あります。

沢山、撮った旅行写真から、ナイスショットを選択できるので、旅行写真整理するのにとてもいいですよ。

 

 

デジタルフォトアルバムもいいよ!

 

私の家にはテレビの前にSONYのデジタルフォトアルバムが置いてあります。

時計代わりに購入したものですが、8型の大画面で、写真や動画を鑑賞できるんです。

今では旅行写真整理のために大活躍しています。

 

メモリーカードを差し込むだけで旅行写真を再生できます。

今の時代の旅行写真整理ですね。

 

デジタルスチルカメラやデジタル一眼カメラで撮影したフルハイビジョン動画を

手軽に再生して楽しめます。

 

旅行写真整理が手軽にできて、スライドショーのように変わっていってくれるので、

忘れていた写真もでてきたりして、見ていると楽しくなります♪

 

本体の内臓メモリーに約4000枚写真を保存できます。

旅行写真整理として、オリジナルアルバムとして使えます。

デジタルフォトアルバムは13000円前後とお値段もそれほど高くないので

いいですね。

 

 

まとめ

 

    • 旅行写真整理はデーターで保存しよう
    • 旅行写真整理にはオートアルバムがおススメ!
    • 旅行写真整理にはデジタルフォトアルバムもいいよ

 

データーで保存ができる時代で便利になった時代ですが、

手にとって見るという昔ながらのスタイルが一番、見やすいと私個人は思います。

 

だけどすべてを写真整理するためにプリントすると場所をとってしまうので

お気に入りだけをプリントアウトするようにしています。

 

あの旅行のときの写真が見たい!ってときに、すぐに見れると便利ですね。

 

パソコンで旅行写真を見る、オートアルバムで見る、デジタルフォトフレームで見る、

お好きな旅行写真整理方法で楽しんでくださいね。

 

今日もランキング応援ありがとうございました♪
沢山の旅行記が見れます♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



 

旅行の思い出(写真について)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: