国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

宮古島高級ホテル!宮古島シギラとブリーズベイマリーナ比較対決!

読了までの目安時間:約 10分
P6262022_R

宮古島にのホテルには、素朴な古民家から、リゾート感いっぱいの高級ホテルまであります。

このページでは宮古島でも一番人気があるという宮古島シギラとブリーズマリーナを比較してみました。

どちらにしようか迷ったときに参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



P6262007_R

 

<目次>

 

    • 宮古島シギラとブリーズベイマリーナの特徴の違いは?
    • 宮古島シギラの特徴
    • ブリーズベイマリーナの特徴
    • 宮古島シギラとブリーズベイマリーナ<料金編>
    • 宮古島シギラとブリーズベイマリーナ結局どっちがいいの?

 

宮古島シギラとブリーズベイマリーナの特徴の違いは?

 

私は3年前に宮古島に行きました。10日間、フリーでレンタカーを借りて過ごしました。

シギラビーチにシュノーケリングに行きましたし、ブリーズベイマリーナにはランチに行きました。

個人的にリゾートホテルはあまり好まないので1軒貸しのゲストハウス(ゲストハウスハヤシ)に泊まりました。

 

好みによると思うんです。少しくらい不便でも静かな方がいいとか・・

宮古島シギラとブリーズベイマリーナそれぞれによさがあります。

 

結果的には宮古島シギラリゾートとのほうが評価が高いです。

 

宮古島シギラの特徴

 

まずは宮古島シギラですが、とにかく広いです。

ホテルの中から外に出たり、レストラン行くにもホテルの中で準備されているバス(無料)で移動が必要です。

これだけを聞いたら、面倒だ・・と思ったかな??
シギラリゾート内のレストラン詳細はこちら

 
夜に市街地に飲みにでかけたいといったあなたには、これもまた不便でしょう。

市街地から遠いのです。

市街地にはダイソー・マックスバリュー・しまむらなど、普段生活するのに必要なものを買うことができるので便利です。

 

タクシー代行の料金はいくらか気になりますね。だいたい2000円~3000円位です。

基本情報

    • 5kmまで1,000円以内  1kmごとに200円増
    • 市街地からの料金の目安 宮古島東急リゾートまで2,000円

 

宮古島シギラの特徴としては、高級感があるという点です。

宿泊料金は高めに設定されていますが、従業員の教育もしっかりとされていて、丁寧で親切です。

高級ホテルだけあって宮古島シギラには若者や家族やお子様連れが少ないのでがやがやとしておらず、

落ち着いた雰囲気のリゾートホテルです。
 

Sponsored Link

 

宮古島シギラにはプライベートビーチがある

 

私が最大のおすすめポイントとしては、宮古島シギラリゾートはプライベートビーチをもっているので、

専用バスで移動する必要はありますが、ビーチとサンゴがあるのでシュノーケリングや海水浴が楽しめるんです。

私も、もちろんですが、レンタカーで行きましたよ。

 

宮古島には沢山のシュノーケリングポイントがありますが、宮古島シギラではウミガメに出会える率が

高いです。すみついてるんですね~

だから餌を食べるような時間に行くと、ウミガメと泳げたりできる率が高いです。

魚の種類も沢山いましたし、お客様が多くいて監視員もいますので、安心して海水浴やシュノーケリングが楽しめます。

私が行ったときのウミガメの目撃情報は夕方17~19時くらいでした。

 

もちろん、シャワーや更衣室に、食事ができる屋台風のようなお店もあります。

 

宮古島シギラは「シギラ黄金温泉」があります。

 

効能は神経通・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・冷え性・病後回復期・健康増進・泉質別適応症・切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病です。

混浴です。水着着用です。6月末に行った私は暑すぎて温泉って気分にはなりませんでしたけど、

冬場は気持ちがいいでしょうね。

 

シギラリゾートでは毎週土曜日に花火があがります。これもいいですね~!

 

ホテルブリーズベイマリーナの特徴

 

P6261982_R

 

ホテルブリーズベイマリーナも口コミでは良いとか悪いとか分かれています。

 

宮古島の南岸、美しい海辺に建つホテルブリーズベイマリーナです。

 

一言で言いますと、カジュアルリゾートです。

南の島らしく、花が咲き誇ったガーデンに、白砂のビーチ、海岸線にのびる遊歩道と

最高のロケーションです。

 

ホテルブリーズベイマリーナは家族やグループ、女子旅、一人旅、愛犬とも

楽しむことができます。

 

<食事編>

私が宮古島に滞在中は、ランチ(週末限定バイキングフェア)を食べに行きました。

ぶらぶら~と、フリーペーパーにのっていたので、ゲストハウスは食事がついていなかったので自炊してましたので

たまには、旅にスパイスを!と、決めたんです。

 

ブリーズベイマリーナのレストランは天井が高く、リゾート感あふれ、日曜ランチバイキングもお値段(1名2000円)でしたが、

とてもおいしく満足いくものでした。

    • 大人2000円 65歳以上1500円
    • 小学生900円 幼児(4歳以上)300円 3歳未満無料

 

宮古島のようなリゾートでは、都会のホテルのように服装に気を使わなくてもいいところがいいですね。

私もTシャツに短パンだったような・・気楽でした。

 

宮古島には沢山、リーズナブルで美味しいお店が沢山あるので、ホテルからでてみるのもいいですよ。

私の宮古島旅行記では美味しいお店も紹介しているのでよろしければ、私のはしゃぎぷり見てください(笑)

 

ブリーズマイマリーナ内のレストラン詳細はこちら

 

宮古島シギラとブリーズベイマリーナ<料金編>

 

宮古島シギラリゾートのほうが宿泊料金は高いです。

どちらもオーシャンビューが楽しめる高級リゾートホテルです。

「トリバゴ」では、料金比較は検討している日付とホテル名と人数を入れて検索してくださいね。

楽天トラベル・JTB・日本旅行・などなどあらゆるホテルの最安値を一発検索してくれます。

料金比較はこちら

 

 

宮古島シギラとブリーズベイマリーナ結局どっちがいいの?

選ぶとしたら宮古島シギラかな・・感想は個人によると思います。

私の経験ですが、ブリーズベイマリーナのホテルのフロントスタッフにレストランの場所を聞いたのですが、

笑顔がなく残念だったことはあります。

 

この他に東急リゾートが人気があります。

沖縄・宮古島には、パッションフルーツジュース・雪塩入り宮古島サイダーや・タコライス・宮古ソバとか、一杯美味しいものがあります。

おすすめは天ぷら!美味しいです!

 

いくまでは宮古島シギラとブリーズベイマリーナ比較して検討するのも旅行の醍醐味です。

 

是非、楽しんでおでかけくださいね♪

 

 


スポンサーリンク



 

タグ :  

国内ホテル・旅館おすすめ比較 沖縄旅行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: