国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

沖縄の6月上旬の天気は梅雨?夏?微妙な時期の服装指南

読了までの目安時間:約 8分

沖縄の6月上旬の天気は梅雨?夏?微妙な時期の服装指南

 

 

6月は降水量が最も多くなる時期で、

グズついた天候が多いです。

 

梅雨の真っただ中なので不快指数も高め、

お天気が不安定である事は否めません。

 

ジメジメして不快に感じられる6月の沖縄。

 

それでも梅雨とはいえ、長雨が続く事は稀な沖縄なので、

予定の立て方次第では十分に沖縄を

堪能できる時期でもあります。

 

雨が続いていても、気温と紫外線はすっかり夏

 

朝晩の気温差も少なく、夏の服装で大丈夫ですが、

薄手の上着は持っていたほうが無難です。

 

平均気温は26.8度。30度を超える日も珍しくなく、

空気が重く感じられることもあるので、

軽い服装を心掛けたいものです。

 

最低気温も平均24.8度で夜間も生ぬるく

感じるかもしれません。

 

6月も下旬になると梅雨があけるので、

暑さは厳しくなりますが、蒸し暑さも和らぎ、

梅雨時に比べるとだいぶ過ごしやすい気候になります。


スポンサーリンク



 

 

沖縄の6月上旬の気候とおすすめの服装

 

blue-sea-2309300_640_R

 

沖縄の6月の平均気温は26.8度まで上がり、

朝晩の気温差はありますが、

寒さを感じる天気ではなくなります。

 

6月の沖縄は蒸し暑く、不快なシーズンといわれ、

梅雨明け前の湿度は83%を超えます。

 

夏でOKなのですが、風通しのよいゆったりした服装や、

肌触りのいい素材の、出来るだけ軽やかな服装をおすすめします。

かりゆしウェアなど、地元に馴染むような服装は

見た目にも機能的にも良いですね。

 

湿度だけではなく気温も高いので、

常に汗をかく状態になるので、吸水性の高い服装を

選ぶことがポイントになるでしょう。

 

ゆったりとした涼しい服装を心がけて、

少しでも快適に楽しめるよう工夫する事が大切です。

 

夏仕様の服装がおすすめとはいえ、『カーチーベー(夏至南風)』と

呼ばれる季節風が吹いて肌寒く感じたりすることもあります。

 

薄手の上着が無理でも、長袖Tシャツをバックに

詰めておくといいかもしれません。

 

足元はサンダルも悪くありません。

 

calves-540519_640_R

 

雨に濡れてもあまり気にならず、

快適に過ごすことができます。

 

梅雨の晴れ間のことを考えるなら、紫外線対策も重要になります。

 

サングラスや帽子、日焼け止めも忘れずに。

 

実際に長袖で外出している地元の人を多く見かけます。

 

6月とはいえ、紫外線対策に男女の区別は関係ありません。

 

沖縄を存分に楽しんでください。

 

沖縄の梅雨はスコールのような激しい雨もあるので、

携帯しやすい折畳み傘やレインコートなどの雨具は

必需品にもなります。雨対策の服装も忘れないでください。

 

スポンサーリンク
 





 

6月の沖縄の気になる天気は?雨や台風が多くなるのはいつから?

 

ladybug-574971_640_R

 

梅雨なので、天気は安定せず雨がよく降り湿度も高く

蒸し暑い日が続きますが、梅雨の間も何日も雨が降り続く、

という事はほとんどなくエリアにより、雨が降っていても

移動すると晴れていたり、天気も局地的なので、

ずっと雨に降られ続く可能性は低いです。

 

梅雨まっただ中で台風の不安もありますが、

6月に沖縄本島に影響を与える台風はそれほど多くなく、

あまり心配する必要も無いかもしれません。

 

でも、自然界は気まぐれです。進路を思わぬ方向に

変えてくる場合もあります。

 

柔軟に変更できるようなプランを立てておくと

安心かもしれません。

 

沖縄に台風が多く接近する時期は5月~10月で、

接近・上陸ともに8月が最も多くなる傾向にあります。

 

沖縄の観光シーズンと台風シーズンは同時期になっています。

 

台風が多いといっても、月に1~2回来るか来ないかです。

 

直撃したといっても、1~2日間くらいです。

 

台風の多い8、9月には1~2回くらい台風が那覇市に

近づいていることがありますが、5~6月や10~11月には

台風の接近もほとんど減り、勢力も夏場に比べて比較的弱いので、

心配する必要はあまりないようです。

 

最も多い8月でも、ひとつの台風で生活や観光に

影響を及ぼすのは2~3日です。

 

飛行機が欠航するのも1~2日でしょう。

 

夏休み前ということで混雑も少ない6月の沖縄は大きなチャンスです。

 

 

梅雨でも雨ばかりではない6月の沖縄

 

japan-1258893_640_R

 

6月は上旬と下旬では気候が変わります。

 

上旬は梅雨のため蒸し暑い日が続き、下旬(例年23日頃)に

梅雨が明けると、一気に夏本番となります。

 

このタイミングから沖縄のイメージとなる

≪青い海・青い空≫のシーズンとも言えます。

 

6月の沖縄の平均海水温は27度となります。

 

海水浴を楽しめる海になりますが、海から上がったときに若干、

寒さを感じることもあります。

 

替えの準備も忘れずにしておくと安心です。

 

宿泊施設なども沖縄の場合は「台風料金」という形で

足止めになった時の安い別途料金が設定されている

ところもあります。

 

旅行会社に頼む場合に予算を伝えて手配してもらうこともできます。

 

沖縄は、5~6月に日本で1番早く梅雨に突入します。

 

湿度も高く、蒸し暑い日も少なくありません。

 

でも、1日中雨が降っていることは少なく、

青空が見られることもよくあります。

 

1日中晴れている日もあります。

 

台風の上陸もこの時期は少なく、晴れた日は

青空の下で海水浴や観光と、沖縄を楽しむことができます。

 

混雑する前の6月の沖縄も楽しんでくださいね。


スポンサーリンク


 

タグ :  

沖縄旅行

この記事に関連する記事一覧