国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

クルーズ催行決定までが長かった上に不催行に・・

読了までの目安時間:約 7分
P5100079_R

結果てきにクルーズ旅行は行くことができて、満足な旅となったのですが、そこに辿り着くまでに、直前まで色んなことがあって、これほど旅行前にもやもやと心配があったのは、はじめてのことでした。


スポンサーリンク



 

クルーズ旅行を決めた理由

クルーズ催行決定までが長かった上に不催行に・・

クルーズ旅行決定!準備偏

クルーズ旅行について調べまくったこと

5/8クルーズ旅行・出発の日・エミレーツ航空でドバイ⇒ベニスまで

5/9クルーズ旅行・ベニス到着・フリータイム

5/10ベニス(イタリア)乗船までのフリータイム

5/11バーリ(イタリア)世界遺産アルベロベッロ観光

5/12コルフ島(ギリシャ)コルフ島旧市街とアヒリオン宮殿観光

5/13ミコノス島(ギリシャ)ミコノスタウンでのフリータイムの様子

5/14サントリー二島(ギリシャ)イア観光とフィラ散策

5/15終日クルーズ

5/16ドブロブニク(クロアチア)旧市街フリータイムの様子

5/17ベニス入港

 

クルーズ催行決定までが長かった上に不催行に・・

 

ベニス(イタリア)サントリー二島・ミコノス島・コルフ島(ギリシャ)クロアチアが入っているコースはいくつかありました。

決めるときの優先順位は

 

希望する寄港地が入っているか

旅行代金

イタリア船(食事がおいしいと聞いたので)どちらかというとMSC希望

 

この3点でした。

 

私が行く2015年のエーゲ海クルーズで、今回のコースでは、「コスタ/デリチョーザ」と「MSC/リリカ」がありました。

それで11月には「MSC/リリカ」を予約しました。

 

今回は添乗員つきにしましたので、人数が集まらなければ催行されません。

最少人数15名でした。

 

1月末に結果がでるということで、心配しながら待っていました。

 

途中、クルーズ専門会社に問い合わせしながら、待っていましたが微妙な様子でした。

それでも、ほぼ催行されそうな気配でした。募集期間を2度も延長し、2月の末まで決まらずにいました。

 

そして結局、「MSC/リリカ」予約していた方が他の船に変更されましたので不催行となりましたとの連絡が入りました。

 

え~~~~~って、この段階でかなり疲れた私です。

 

万が一催行されなかった場合に「コスタ/デリチョーザ」も見積もりをいただいておりました。

大型客船で日本人にも大人気!ということでしたが、人数多いのは苦手・賑やかな雰囲気は好まない私は最初からあまり・・って感じでした。

 

私たち夫婦はそれほど余裕があるわけではないし、今回の旅行代金も背伸びしていく金額でした。

 

クルーズって、色々と基本旅行代金以外にかかるものがあるのですよね~

 

基本料金+8万って感じです。ラッキーなことに2015年4月から燃油税が下がったので、エミレーツ航空でしたが二人でマイナス5万円で行くことができました。

 

詳しい内訳はまた別で書きます。

 

リリカの不催行を聞いて、諦めきれず、コスタデリチョーザの5/8日出発は空きがありましたので、予定よりも予算オーバーになりましたが、思い切って申込みました。5/22も同じ料金でありましたが、早い段階で満室でした。

 

コスタデリチョーザ5/8出発は、人数が集まっていて催行が決定していました。

申込をした段階で、決定されているのは、気持ちが落ち着きますね。

私の参加したクルーズ専門会社での参加人数は関空15名・成田25名の計40名でした。

 

5/22出発は120名くらい、私的には結果、5/8日でよかったです。

船内の様子も後で書きますが、ごっちゃごっちゃしてました。

 

やっと決まって、ほっとしたのですが、今度は本格的に準備にとりかかりました。

 

しかし、チュニジアの事件をニュースで見て、今、行くのは危険なのでは・・と、そこでもキャンセルを考えました。

すでにキャンセル料が5万円かかる状況でした。

それでも、やっぱり行きたくて、クルーズ専門会社に様子を伺いながら、参加することに決めました。

 

旅行出発3日前にまた問題が・・

 

主人が「仕事でどうしてもいけないかも・・」と。キャンセル料20万円ちょっとかかるけど、それを払っても、仕事優先しなければいけない状況でした。

 

私は頭が真っ白になりました。「ここまできて・・え~~~・・一人でいく?いや・・でもそれは不安だし・・」

 

何とか主人の周りの方にも協力していただいて、何とか行けることになりました。

 

よかった~~~

 

本当に今まで旅行をしてきた中で出発するまでにこれほどハラハラとさせられたことはなかったです。

 

クルーズ旅行はまだまだ、日本は認識が浅く参加者が少ないということがあるので、ある程度人気があるコースを選ぶのがいいですね。

 

これは添乗員つきの場合です。

個人で行かれる場合は、催行人数は関係ないです。

 

初ヨーロッパ、添乗員付きにして本当によかったです。

凄くお世話なりました。

 
⇒クルーズ専門旅行会社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク


 

海外旅行(ヨーロッパ)

この記事に関連する記事一覧