国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

5/8クルーズ旅行・出発の日・エミレーツ航空でドバイ⇒ベニスまで

読了までの目安時間:約 7分
P5100080_R

イタリア・ギリシャ・クロアチアと3か国を巡るエーゲ海海クルーズをイタリアの豪華客船、コスタデリチョーザで旅してきました。昨日、写真も整理できたので、思い出しながら記事にしていきま~す。


スポンサーリンク



 

クルーズ旅行を決めた理由

クルーズ催行決定までが長かった上に不催行に・・

クルーズ旅行決定!準備偏

クルーズ旅行について調べまくったこと

5/8クルーズ旅行・出発の日・エミレーツ航空でドバイ⇒ベニスまで

5/9クルーズ旅行・ベニス到着・フリータイム

5/10ベニス(イタリア)乗船までのフリータイム

5/11バーリ(イタリア)世界遺産アルベロベッロ観光

5/12コルフ島(ギリシャ)コルフ島旧市街とアヒリオン宮殿観光

5/13ミコノス島(ギリシャ)ミコノスタウンでのフリータイムの様子

5/14サントリー二島(ギリシャ)イア観光とフィラ散策

5/15終日クルーズ

5/16ドブロブニク(クロアチア)旧市街フリータイムの様子

5/17ベニス入港

 

5/8クルーズ旅行・出発の日・エミレーツ航空でドバイ⇒ベニスまで

 

P5090021_R

関空の様子。

 

午前中、夫も私も仕事に行って、16時に家を出て関空にリムジンバスで向かいました。我が家から関空までは2時間です。

前日の夜遅くに、荷物の最終確認していると、スーツケースがパンパンで、ベルトは必要ないと思っていたのですが(ベルトは意外と日本人だけしてる)と情報を知っていたので、軽く思っていたので、ど~もはちきれそうで不安。1個はあったのですが、急遽、前日、夜遅くにドンキホーテに買いに行きました。

 

リムジンバス乗り場までは車で30分。「いよいよだね~!」とワクワクと出発したのですが、しばらくして、「台所の電気消した?」私も夫も知らない・・「え~~~」それくらい荷物のことでバタバタしていました。

まだ間に合いそうなので、家に戻りました。

 

電気は消えていました。安心してレッツゴー!何か、嫌なはじまりだなぁ・・と思いつつ・・

 

 

 

 

P5080007_R

 

関空の待合です。ドバイ行きと表示されている前で待機。

集合時間が20時40分でしたが、19時30分位に指示されていた、クルーズ専門会社のカウンターに行きました。添乗員さんに詳しい説明を聞いて、エミレーツ航空のチケット受取り場所でしばらく待ちました。この日のチェックインカウンターは20時20分位にあきました。無事に2列席がとれました。

 

3-4-3の並びでした。

 

関空からはラッキーなことに空いていて、関空からドバイまでは3列席(窓側)を2人で使うことができました。

体がやっぱり楽ですよね~私はこれほど長時間飛行機に乗るのははじめてだったので、本当に助かりました。

 

今回、関空からの参加者は15名。ドバイまで皆さんと顔をあわせることはありませんでした。個人個人でチェックインして、添乗員さんが席に確認しにきてくれました。

待機中に、この人そうだったん~って感じです。

 

この後、関西組の初顔合わせ、ドバイで成田組と合流しました。

 

 

P5080011_R

 

 

初めて乗るエミレーツ航空!定刻どおり、23時40分に飛び立ちました。ドバイまでは約9時間半。

 

P5090023_R

乗って1時間くらいしたら機内食がでました。

それと朝との2回。

機内食の写真、載せてますが、朝か夜かちょっとバラバラの写真です。すみません・・

 

情報収集していたので、夜ご飯は食べずに行きました。日本時間の夜中にご飯がでますが、しっかりと食べました。

味は~う~~ん・・普通(^_^.)

 

ボリュームはありました。

 

飛行機から降りるとき、夫が「カメラがない」え~~~もぉ!!周りを適当に探してもない・・落ち着いて、イスの下を見ると

後ろ席の方に落ちていました・・

寝てる間に、落としてしまったようです。

 

よかった~カメラは2個持ってきてるけど、買ったばかりのデジカメだったから、でてきてよかった~

喧嘩になるところでした。

皆さんも、気をつけてくださいませ。狭い機内、寝ていると枕とか色々とあちこちいってしまうことありますよね。

それから夫はベルトにちゃんとくっつけて、用心するようになりました。

 

 

無事、ドバイについて、約5時間待機です。

添乗員さんについて、乗り継ぎ、安心です。

 

P5090017_R

 

飛行機を降りて、手荷物検査を受けて、ドバイ空港のおみやげやさんに行ったり、無料の食事券がもらえるので、利用してハンバーガーを食べました。

中途半端な時間で、二人ともお腹すいてない・・一個を二人で分けました~仲良し~♪

機内食よりもおいしかったです~♪

 

どのお店も混雑していました。

 

ドバイは物価が高かったです。帰りにおみやげを買うことにしました。

 

ドバイからベニスまでのフライトは約6時間。この間は満席で、真ん中4列の真ん中2席でした。

トイレ行きにくいのですよね~

でも、私の隣が誰もこなかったので、ここもまたラッキーでした。

 

無事にベニスに到着。

 

長かったです~待ち時間合わせてトータル21時間。

 

でも意外に、体力的にはまだ大丈夫な感じだったので、これくらいの距離はこれからも行けるかな~と思いました。

まぁ、これからさらにハードになっていくわけですが(^_^.)

 

ワクワクしているので、平気平気♪
⇒クルーズ専門旅行会社

 


スポンサーリンク



 

タグ : 

海外旅行(ヨーロッパ)    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. かず より:

    やっぱりyukiさんの時の方が何から何までラッキーな感じです。私達の時は行きも帰りも満席で、行きは私達だけ席がばらばらになりました(泣)カウンターで粘ったのですが、満席でどうにも動かせないとのことで…。幸い、1つ離れた所でわりと近かったのと、2人とも通路側だったのが救いでした。窓際の奥に追いやられていたら本当に泣いてましたね。帰りも、ベネツィアまでの区間、ばらばらになった方がいらっしゃって添乗員さんも席の調整に行かれたけどどうにもしようもなかったようです。新婚さんなのに遠くに離れたとのことでした(私達も離れてたけど、同じツアーの方との入れ替わりができました)。
    私達は今まで席が離れたことが無かったので…。エミレーツ、席はかなりアバウトと思いました。JALでも離れた方がいらっしゃった時もあったので満席の時はどうしようもないのでしょうが…。

    私もいつもと違う所にカメラを入れてたのを忘れてて「無くした!」と思ってあせったり、実際化粧品を関空で置き忘れるし、帰りの飛行機でホットオイルアイマスクをするつもりで準備したのにいつの間にか無くなってるし。
    最後、また最終日に使うのと機内持ち込みの貴重~な美容液とクリームも無くなったと大騒ぎしましたが(今回は本当に化粧水関連で苦しみました…↓ロスバゲになったらいけないと手持ちにしたのが災いしました)。
    夫はなんと「パスポートが無くなった!」と手荷物検査後に言い出し…ツアーの方たちも巻き込み大騒ぎです(汗)他の物は無くなってもパスポートだけは絶対無くしたらいけない物なのに。慌てて無意識にポケットに入れてたようです…。

    年とともに、やっぱり注意散漫になっている率が高まっていると夫婦共に感じます。前の旅行でもしっかり斜めがけにしているバッグを置き忘れた!と勘違いし、慌ててエスカレーターを逆走(しかもできなかった・大恥)する失態をやらかしてますし。
    新婚さんも初めから何か大切な物(携帯?)を機内に忘れたそうで戻ったけど見つからなかったとかだったので、年のせいばかりではないのでしょうが。

    まあ、なんとか大きな失敗は無く、無事帰って来れたのでよし、です。

    • yuki563 より:

      かずさん、こんにちは~

      お話しを聞いていると、ラッキーだった気がします。
      飛行機はやっぱり、席が離れることがあるんですね。

      私も、関空では、早いもの順と聞いて、チェックインカウンター付近に結構、
      人が集まっていたけれど、どこに並んでいればいいのか聞いて、一番ノリで望みました。
      すると後からみな並んできました(^_^.)
      団体でおさえているところでしかリクエストはできませんでしたけどね。
      ドバイからベニスまでも、4人掛けの中央2席でしたが、端に女性一人がきただけで、でも空いてる席に
      移動されたので、4人掛けを2人で利用できました。
      帰りは私の横の席はバラバラになった新婚さんでした。
      最後の方で新婚さんだと聞いて、変わってあげればよかったわね・・と声をかけましたが・・

      カメラの件とか、わかります~~~
      旅行って、家を出る前には完璧に準備しているけど、実際に行動してるとどこに身に着けているとか、
      しまっているとか・・なりますよね。

      パスポートよかったですね!
      私たちのグループでは、デリチョーザを下りて空港に向かうまでの間で、パスポートがない・・金庫の横においてきた・・
      と言われて・・結局、バスはもう一度、デリチョーザへ向いました。
      帰りは、自腹でタクシーになりますがご了承くださいと一人の添乗員さんと一緒にパスポートをとりにいきました。
      超、お金持ちの旅行に行きなれた方のようでしたので、慣れはときに怖いですね。
      無事に、間に合って一緒に帰国できました。

      かずさんは、化粧水を関空で忘れてきたのですね。私は割れてしまって・・
      それに船の9階のバーガーエリアからでたあたりのプール付近に座っていて屋根があるからと油断してしまって日焼けをしてしまいました。
      顔の皮がむけて、滞在中、ザラザラ状態・・最悪でした。
      日用品が売っている船中のショップで添乗員さんについていってもらって「ニベア」を購入して、塗りまくって過ごしました。
      ショックですよね~準備してきてたのに・・・と。

      そうそう!無事に帰ってこれて本当に良かったです♪

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: