国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

浜松祭り楽しく見よう♪ 御殿屋台も見どころ!!

読了までの目安時間:約 7分

楽しく見よう浜松祭り♪ 御殿屋台も見どころ!!

 

☆東海地区最大級のお祭りです。

 

5月の連休中に開催されます。

 

初子の誕生を祝い、子どもたちの健やかな成長を願って、

地域みんなで祝いあう“市民祭り”です。

 

昼間は中田島の凧揚げ会場を舞台に、

子どもの誕生を祝う初凧が天高く揚げられ、

夜は市の中心部が舞台になり提灯に照らされた

絢爛豪華な御殿屋台が優雅で幻想的な美の競演を繰り広げます。

 

そんな浜松祭りについてまとめました。


スポンサーリンク



 

浜松祭り楽しく見よう♪ 御殿屋台も見どころ!!

 

0-54

 

☆夜の街を華麗に彩る[御殿屋台の引き回し]

 

81か町の各町がそれぞれに趣向を凝らし、

精巧な彫刻を施した屋台が提灯の光を瞬かせながら、

沿道の見物客の前をゆっくりと移動していきます。

 

屋台の上では、子どもたちが皆で声を掛け合いながら

太鼓、鼓、鉦、笛などを高らかに奏でるみごとなお囃子が、

各町独特の祭り囃子で御殿屋台引き回しに華を添えています。

 

 

≪浜松祭りはうるさい!?≫それは信号ラッパのせいかも!

 

0-50

 

浜松祭には掛け声と信号ラッパが欠かせないのですが、

このラッパを“うるさい”と感じている人もいるようです。

 

家庭に長男が産まれたら「初子」と呼ばれ、

ラッパ隊がお祝いに駆けつけてくれて、

玄関で盛大な掛け声とともにラッパを吹き鳴らします。

 

祭りの間の浜松の町は昼も夜も人が声を上げて、

御殿屋台の引き回しに練り歩く人々の掛け声

「やいしょ!おいしょ!」や

吹き鳴らす信号ラッパ、笛、太鼓、が町中に響き渡ります。

 

年に一度の浜松祭りは夜になっても、熱気に包まれます。

 

※浜松市役所の公式HPには[22:00まで」と記載はあるのですが…

 

スポンサーリンク
 





 

浜松まつりは“凧印”も見ごたえあり!!

 

0-62

 

子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統
開会宣言と同時に上がる合図の花火!!

 

174か町自慢の大凧が大空に悠々と舞いあがります。

 

◎空を埋めつくす“凧印”

 

それぞれの凧には “凧印”と呼ばれる町ごとの町名の頭文字が

書かれていて、空に舞い揚がっても一目で町名(組)が

わかるデザインで描かれています。

 

凧合戦は“凧印”によるデザイン合戦でもあるのです。

 

凧といっても、大きさは2帖から10帖まで、

4帖(1辺2.4m)から帖6(1辺2.9m)が合戦には多く使われます。

“印”が描かれた凧が一成に舞い踊ると空が見えなくなり、

快感と充実感に会場からは思わず声があがります。

 

迫力満点の「糸切り合戦」

 

見どころは、激しい糸切り合戦と初子を祝う喜びの笑顔。

 

祝いの大凧を天高く美しく揚げようと、

砂ぼこりを舞い上げながら、

大人も子供も一体になって懸命に糸を引くと、

巧みな糸さばきで初凧が揚がり、

空を隠すように、悠々と大空を舞う姿は圧巻です。

 

「糸切り合戦」が始まると、ラッパ隊(凧ラッパ)の応援も

相まって一気に熱気も上がり盛り上がります。

 

各町が互いの凧糸を絡ませて、擦り合いながら相手の糸を断ち切る

『糸切り合戦』が始まると

糸が焼け白煙が立ち上がり、こげた臭いが会場に充満して、

興奮が興奮を呼ぶ迫力です。

 

もう凧の動きから目が離せません。

 

□観光客のために無料観覧席も用意されているので

疲れないで観覧できます。

 

 

昼から夜まで楽しめる浜松祭り

 

毎年100万人以上の多くの方が訪れ、盛り上がる浜松祭り。

 

昼間の凧揚げの闘いは迫力満点ですし、

夜の御殿屋台の引き回しは豪華絢爛で美しさいうことなしです。

 

美しく施された彫刻、重なる屋根。

製作費は1台あたり5,000万円以上ともいわれています。

 

昼は凧揚げ合戦を、夕方からは市中心部へ移動して

御殿屋台の引き回しを見ると1日中楽しめます。

 

浜松市中心部で行われる『御殿屋台引き回し』は

浜松ケーブルテレビでリアルタイム放送されます。

 

各町の御殿屋台の装飾の説明をしてくれたり、

屋台の細部まで見たい方はケーブルテレビで

チェックするのもいかがでしょう。

 

市中心部会場ではコンサートや大道芸などのイベントもあります。

 

・車も渋滞するほどの混雑

・交通規制と駐車場の情報は要チェック!!

・浜松駅周辺は要注意。

・交通規制で入庫も出庫も困難になります。

・少し離れた駐車場でも無料シャトルバス(凧揚げ会場まで直行)あります

 

他にも、観光客も楽しめるようにいろいろと

配慮がたくさんあります。

 

神社仏閣の祭礼とは関係ない、

子どもの成長をみんなで祝いあう“市民祭り”

 

「御殿屋台の引き回し」「凧揚げ合戦」

 

どちらかだけでもぜひ見る価値はありです!!


スポンサーリンク


 

タグ :  

静岡旅行

この記事に関連する記事一覧