国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

スポンサードリンク

飛行機に乗るときに注意したいこと

読了までの目安時間:約 5分
IMG_1543

 

飛行機に乗るときに注意したいこと

 

目次

 

 

 

飛行機:国内線持ち物について
手荷物について(機内持ち込み)サイズについて

 

キャリーバッグにご注意くださいね。

 

機内の収納スペースには限りがあるため規定サイズ内でも

持ち込みできない場合があります。

 

詳しくは利用する飛行機会社のホームページに書かれていますので

確認することをオススメします。

 

 

ANA/JALの場合

100席以上

3辺の合計が115cm以内
(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)

 

100席未満

3辺の合計が100cm以内
(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)

 

注意が必要な手荷物について
ライターについて

 

私もよくライターの持ち込みは最初、分かりませんでした。

 

 

機内持ち込み(一人あたり1個)お預け×)

    • ガス式ライター(使い捨て100円ライターなど)注入式ガスライター
      オイル式ライター(吸収剤入り)

持ち込み・お預かりができないライター

    • ガス式ライター(葉巻ライター)
      オイル式ライター(オイルタンク式ライター吸収剤なし)

 

 

※ライター用燃料(ガス・オイル)は、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。

 

メイク系のものについて

 

基本、国内線の場合はそれほど気にしなくても持ち込めます。

 

充電池式ヘアーアイロン

充電池の取り外しが可能なものは持ち込めます。

 

しかしペットボトル、ヘアムースの缶などは、手荷物検査場で出す必要があります。
どこの空港でも手荷物検査場の入口にかごが置いてあるはずなので、それに入れて検査員に渡しましょう。

 

私は家で沸かしたお茶をペットボトルに入れて持っていました。

その場で検査はされますが持込はできました。

 

いつも検査前に分からなくて面倒なので空港の自動販売機で買った飲み物も

捨てていたのですが、かごに入れて手荷物検査場で出せば持ち込めていたので

もったいないことをしました。

 

まとめ

 

機内持ち込みもお預かりもできない危険物を所持されている場合は「放棄品箱」などにて廃棄することになります。

 

機内持ち込みが禁止されている物品を所持されている場合は手荷物カウンターにて預けるか保安検査場に設置されている放棄品箱へ廃棄することになります。

 

私は判断に迷って面倒なものは最初から持っていかないようにしています。

 
mochimonobanner01_200x135


ryokoubanner01_450x304  
 
 

 

飛行機に乗るときに注意すること    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

Sponsored Link
Copyrights