国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

飛行機に乗るときの服装

読了までの目安時間:約 4分
0-96

 

飛行機に乗るときの服装

 

寒いですね。二度寝してしまいました。

昨日、ニュースで今年のお正月休みは最大で

9連休だそうです。

 

旅行に出かける人も増えてるそうです。


スポンサーリンク



 

 

飛行機に乗るときの服装

 

日本国内だと飛行時間はそれほど長くなくことはないですが

快適に過ごしたいですね。

 

気になる飛行時間ではないかもしれないですが、

旅行は家を出てから何かと気をつかっているはずです。

 

飛行機に乗るときの服装はなるべく楽な格好がいいですね。

 

客室乗務員を参考にするといいですね。

 

個人的に飛行機に乗る時にどうしているのか?

飛行機に乗るときの美的コツ(服装・持ち物・過ごし方)を紹介します!

 

    • メディキュット等の着圧タイツは必須!むくみ対策に、元客室乗務員&現役客室乗務員の皆さんが必ず持参するのが、着圧タイツ。靴下ではなく、タイツがおすすめ。
    • 機内ではスリッパを履く
    • 靴を履きっぱなしは辛いし、かといってラフなサンダル履きで機内に乗り込むのもちょっとオシャレじゃない。ということで、皆さん機内にスリッパを持ち込むそう。
    • 柔らかいストレッチ素材のパンツやワンピースを着用する
    • 風がずっと当たる席があるので、カーディガン系必須

 

確かに飛行機のなかってむくみますよね。着圧タイツで対策しておけば、足がだるくならなくてすみそうです。

 

今は薄くて持ち運びに便利なものが売ってますよね。

 

私はよくホテルとかで持って帰ってもいい簡易スリッパを利用しています。

締付け間もなくてかさばらないしグッドです!!

 

ジーンズなど、太ももの付け根やひざ部分、ウェスト部を圧迫してしまうタイプの服装は、苦しくなるので避けた方が良いそう。

 

「じゃあ、やっぱりジャージなの? スウェットなの?」と思いきや、元客室乗務員&現役客室乗務員の皆さんは、柔らかくストレッチの効く素材のパンツやワンピースを着用して乗り込むのだそう。

 

私、ジーパンでよく乗ってるけど、ストレッチ素材なら本当に楽で
いいですね!

 

 

 

機内は常時約25度に設定されているそうです。

温度調整が自分にあっていないときってありますよね。

上着1枚あると安心です。

 

機内で毛布を借りることはできますが、それでは足りない席があることを見越して、カーディガンなどの上着を持ち込むそうです。

 

春夏は、コットンかジャージの半袖ワンピースにスパッツ機内で厚手のソックスはきます。

秋冬は、ニットの長袖ワンピースに厚手のタイツとソックスにジャケットです。

 

 

 

乗り合わせる人に嫌な感じ与えない服装なら、一番着易い服装がBestです。

 
mochimonobanner01_200x135


スポンサーリンク



 

飛行機に乗るときに注意すること    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: