国内旅行 安い

国内旅行安く行くにはこのサイトで決まり!!

飛行機のトイレについて

読了までの目安時間:約 5分
P3030001

 

 

飛行機のトイレについて疑問に思うことを

まとめてみました。


スポンサーリンク



 

目次

 

飛行機のトイレの仕組み

 

どうなってるんだろう??と思ったことありませんか?

飛行機のトイレって撒き散らしているというのは昔の話です。

 

今は「真空吸引式便所(バキューム式便所)」です。

排泄物を一時貯蔵しておくタンクまで、水で流すのではなく強烈な吸引力で引きずり込むタイプです。その吸引力は意外なところからきているのです。

その鍵を握っているのが、飛行機内と機外の気圧の差です。

 

空気の方は気圧の差で流れていってしまうので、ウンチは飛行機内に留まりますが、臭い空気は外に出ていきます。

貯蔵タンクはトイレと機外との間に位置していて、汚物をしっかりキャッチしてくれます。

 

よく考えられていますね!

 

飛行機の混むタイミング

 

一般には食事後に混むことが多いと思います。

 

座席に画面がなくて映画上映時間があるときは映画が終わった後など。

 

原因はいろいろあるでしょうが、一番の理由はひとりの利用時間が比較的長いからです。

 

長時間の搭乗でお腹にガスが溜まることで便通が悪くなること。

混雑を予想して、今こそ長めにしっかり使っておこうという心理。

最大の理由は女性のメイク直しに使われるから。

 

飲み物が無料であるということもトイレが混む理由の一つだと思います。

 

飛行機の中は、非常に乾燥しているため、エコノミー症候群を避けるということで、十分な水分を補給する必要があります。
飛行機は、乱気流などで何時、トイレ使用禁止になるか分かりませんので、早め早めにトイレに行く様にするといいですね。

 

女性の場合ですが、中で。お化粧や着替えをする方がいるからです。

 

飛行機の食事サービスが終わった後は歯磨きセットを持ってトイレに行く方を

見ることがあります。

 

トイレ本来の目的だけではなくその他の目的にも使われているということもトイレが混む理由みたいです。

 

子供がトイレに入るときの注意点

 

化粧室には中折れ式ドアのものがあります。

 

中折れ式はお子さんの力では出るときに出にくく、手を挟む恐れがあるので、

選べる場合は引き戸タイプドアの化粧室を利用するほうがいいと思います。

 

 

小さな子供連れの時には、後方の座席がベストです。
前方の座席は、到着後に先を急がれる方が多いので避けましょう。
小さいお子さんや赤ちゃん連れの場合には優先搭乗として先に機体に乗り込むことができるので、後方に着席しておけば、次々と乗客が乗り込んでくる慌ただしい雰囲気から赤ちゃんを回避することができます。
後方には子供連れの乗客が多く、オムツ替えシート付きのトイレも近いので便利です。

 

 

ファーストクラスのトイレは混んでいません。
777のファーストクラスのトイレは広くて着替えも楽にできます。

ほぼ全身が写る鏡もあります。(航空会社によって若干の違いがあります)

 

ファーストクラスは乗ったことがないのですが、芸能人とか見てると

長時間フライト終わった後でも綺麗な格好ででてくるのは

こうした広いトイレで着替えたり身支度してるんですね!

 

まとめ

 

    • 飛行機のトイレは臭いも外にでるよく考えられた作りです。
    • 飛行機内のトイレは混むので早目早目に行きましょう。
    • 小さなお子さんがいる場合は後方座席がオススメです。

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



 

飛行機に乗るときに注意すること    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: